ブログトップ

ハイク,BCクロカンの研究 -森と雪を求めて-

自分でも読みたくなる山歩きと旅と道具分析のブログを書きます。1泊森Hiking,BCクロカンを行く。メインは尾瀬、奥秩父。instagram風景・道具 /Twitter短文分析: mtnirvash6666


by nirvash
プロフィールを見る
画像一覧

使用感 BCクロカンSalomon/ X-adv89 Grip ski+Voile 3pin cable

c0341290_22071516.jpg

スペックはタマキスポーツさんにて購入。
サイトより転載させていただきました。
http://www.tamakisports.com/products.html

Salomon/ X-adv89 Grip ski
\50400
SIDECUT:89/60/78
SIZES:168cm
WEIGHT:3900g 1pair (180 )
TYPE:BC waxless ウロコ板

Voile 3-Pin Cable Telemark Binding

¥13020

重量:800g(1ペア)


廃盤になってデータがなくなる前に整理します。

ビンディングの方はたまに雪がこびりついて、一度はずすと履けなくなることがことがあるので、ピンペグを携行していきます。

ケーブルなしだとすこぶる軽くていいです。しかし、滑るときはあったほうがやはり安定します。


歩く板としては硬めでダブルキャンバーのため、荷物が軽いとウロコが効きにくいです。本当は硬い板の方が荷重がかかりやすく鋭くエッジを効かせやすく感じますが、特にこのダブルキャンバーなんかだと柔らかい板の方がターンはしやすいと思います。


スキー板のほうは、歩くための軽い板という意向は伝えていたので、自分できちんと確認していなかったのですが、まほろば倶楽部さんで試して(初めてでも少しターンができたほどターンしやすい柔らかさ)マズシャス/イオンの方が2000gと遥かに軽かった。というよりペア3900gというのはBCクロカンジャンルとしてはトップクラスに重いという。。いまでは雑誌をみると安いのにペア1300gくらいの板もあるようだ。


神保町さかいやシューズ館でこないだイオンがビンディングと買えば22000円だったので。。さらに悲しみが。。

滑る人にとってはXadv89くらい固めの板がしっくりくるのかもしれませんが、自分は滑れた感が出たのは苗場スキー場でしかもシュテムターンでなんとかという感じなので、よさはまだわかりません。


無駄な出費を抑えるならば、Dynafit/ナンガパルパット+TLT Superliteの組み合わせで一気に滑り主体の装備を手に入れてしまいたい。しかし、どのブーツはまだ決まっていないのです。


[PR]
by Mtgearandwear | 2016-12-06 22:06 | ギアレビュー分析 | Comments(0)