ブログトップ

ハイク,BCクロカンの探求 -森と雪を求めて-

自分でも読みたくなるような山歩きと旅と道具分析のブログを書きたいと思ってます。1泊森Hiking,BCクロカンを行く。メインは尾瀬、奥秩父。instagram風景・道具 /Twitter短文分析: mtnirvash6666


by nirvash
プロフィールを見る
画像一覧

Dayhike秩父御岳山11/20

両神山へ坂本から行こうとしていたが、八高線が濃霧で3分遅延したため、6:02東飯能着-6:04発の乗り換えに脱落。40分も次の電車まであり、第2プランは木曽御嶽を開山した上人の地元大滝村落合でも開山した手軽な秩父御岳。紅葉は道路沿いで謳歌していた。
今回の実験:LonePeak3.0のインソールはビー+LDにプロネーション防止のガードを付けたので大分フィットとブレが少なくなった。
c0341290_19183530.jpg
東飯能駅
c0341290_19190308.jpg
三峰口付近からの荒川の渓谷。なんか晩秋って感じ。
c0341290_19245273.jpg
東のほうをみる
c0341290_19253877.jpg
入り口が贄川宿にある。ここからは古い町並みは見えなかった。長野市塩尻にもある宿である。v
c0341290_19264078.jpg
登山口への分岐からはこんな集落。
夜は怖い秩父によくある案山子をみながら歩くこと6分で登山口。
江戸時代からの墓石たちは世話するものがいなくなったのか倒れっぱなしで道の傍らスペースにある。
c0341290_19275628.jpg
これは言われの書かれた丸くて細い石の地蔵。
c0341290_19404355.jpg
ほぼ稜線の分岐まで杉林です。
c0341290_19412557.jpg
普寛神社の奥宮は道が巻いていたようで過ぎてました。
稜線分岐に出会い、この北側すぐ下に林道が見え、バイクのうなりが・・サスで跳ねながら下って行きました。
こういう看板は杉林のなかはあまりないので(つまり道標があまりない)、山登りになれてない人には不安かもです。
道が若干薄めで作業道と交錯する地点が頂上直下にあり、いままで全部トラバースな道でしたが、そこだけ直登です。
一旦、雑木林を通り、また南側杉林のあと落合の集落へ最短で降りる沢沿いコースは崩落で通れないとのこと。
一応、入り口を見たが道形が薄くなっていました。ロープなどはなかったので、ちゃんとした入り口が別にあるのかも。
c0341290_19470645.jpg
c0341290_20170577.jpg
10:20↑頂上の普寛神社の奥宮。金を鳴らせます。
c0341290_20165315.jpg
c0341290_20201896.jpg
旧両神村と小鹿野町、奥に秩父市街を望む
c0341290_20230220.jpg
翼を広げたような雄大な和名倉山。谷川岳から見る稜線の雄大さに似ている。やっぱり好きだなー和名倉。
c0341290_20232893.jpg
実際はもっと大きく見える竜の背のような両神山。小森川の谷は深い。

下山は西の肩へ降りて両神への入り口を確認してから、伐採ともに整備された歩きやすい九十九折りの道で林道出合へ。気圧で耳がつまったので10分くらいで150m以上降りたのだと思う。
落合への道はしっかりとは確認せず。未舗装の林道を東へ行くので緩やかな登りである。南側のヤセ尾根から杉峠へ降りた人たちよりも早く登山道に再復帰した。
道はまたもや鉄塔まで登りである。しかし、そのあとはいい下りでした。作業道を横断して横断してロードラン・ダウンヒル。

c0341290_20275517.jpg
大滝周辺は温泉ポンプの故障で温泉が軒並み休止。調べとくんだった!
12:30だが入れないほどではなかったので、オススメと書かれた「蕎麦」を頼む。
甘辛く煮たこんにゃくと薬味つき730円。
コシはあまりないが、少し蕎麦の香りと粒の食感がある。固ゆでして欲しいなー。
c0341290_20331294.jpg
寸でのところでバスを逃し歩いて行く。途中で表参道の入り口でも見るかと神岡地区に入る。
橋を渡り左へ行くと、ハイキングしてる人が割といる。
この先の球場の駐車場で地元の方らしき人に洞窟があると教えてもらった。
c0341290_20373402.jpg
c0341290_20463256.jpg
表参道入り口からも大きく口を開いた縄文時代の半洞窟。
ライトがないと奥の奥までは分からないくらい続いている。冷気が出てくる。
c0341290_20384537.jpg
鍾乳洞は入り口すぐで埋まっていた。鍾乳洞は石灰石の洞窟のことのようだ。
c0341290_20412573.jpg
湿ってすべりやすい階段やセメント舗装された道もある。
落ち葉で覆われてだいたい綺麗な遊歩道だね。
c0341290_20442954.jpg
川沿いの道なので雰囲気がよい。
c0341290_20470524.jpg
表参道に合流。しかし入り口で帰る。おそらくこれがロープウェイの駅だったのかもしれない。
c0341290_20491832.jpg
三峰神社表参道入り口。
c0341290_20504531.jpg
続々と降りてきた人は大輪に秩父鉄道ツアーバスが立て続けに来て運んでいくピストンツアーのようだ。
c0341290_20513317.jpg
大輪には土産物屋的なとこがいくつかある。品物はあまり置いてないが建物はおそらく大正昭和前期くらいのものだろう。
c0341290_20524257.jpg
 
ちょうどよくバスの5分前について三峰駅へ。右のバスはツアーバス。

c0341290_20550751.jpg
何気に三峰口から乗るのは初めて。

c0341290_20561041.jpg
c0341290_20584146.jpg
御花畑駅についたら、お洒落なカフェカルネで、キーマとポークビンダルーの2種盛り。キャベツのターメリック炒めと甘いトマトが付く。味はスパイスがほどほどに香ってピリ辛。甘いカフェオレが合いました。

c0341290_21004390.jpg
真っ赤なもみじが四角に切られていい雰囲気だ。
c0341290_21023690.jpg
重要文化財も多く見られるが、普通に昭和前期みたいな建物がそこらにある。








[PR]
by Mtgearandwear | 2016-11-24 14:39 | 日帰り山行 | Comments(0)