ブログトップ

ハイク,BCクロカンの探求 -森と雪を求めて-

自分でも読みたくなるような山歩きと旅と道具分析のブログを書きたいと思ってます。1泊森Hiking,BCクロカンを行く。メインは尾瀬、奥秩父。instagram風景・道具 /Twitter短文分析: mtnirvash6666


by nirvash
プロフィールを見る
画像一覧

ミッドカットで走れるか? やっぱローカットがいい?

既にSky high Mountain Worksのタクさんも実践されてたようですが、自分で経験しないと納得できないタチなので試しました。
http://skyhighlife.blog.eonet.jp/default/2007/06/post-a7f8.html

自分のミッドカットは
Merrel /Moab Mid GTX なぜか水漏れ状態。引退済み。
Hoka/ Tor Speed 親指関節と小指あたり
Asolo/ Kaktus GV GTX 小指あたりにつき、伸ばした
Montrail/ Sirraneva Mid Outdry 小指あたりにつき伸ばしたが、伸ばしすぎで穴が開いた。
の4つでどれにも満足できていませんが、改良中です。
防水素材なので蒸れは仕方ないと思ってます。(結構、嫌い)

少し走りを入れた日帰りハイクで使うと、Tor Speedはアッパーが柔らかくブレて指がぶつかったり、余計な踏ん張りが必要。

Asoloはクッションがないので衝撃で疲れる。そして小指があたる感覚を庇うのにまた疲れる。

Sierravada midは小指のあたりが出るので、足を積極的に背屈して曲げる走る動作に向かないのかなと思いました。足を固定している硬めの生地に足首が食い込んで痛くなることもあり、フラットで足を動かしすぎないハイキングが向いているのではと思いました。



2016SSミッドカット

ノースフェイスは防水仕様でないので検討から外します。防水であっても汗や浸水、雪の侵入で濡れたときに乾きにくいというデメリットはノンシームやフットベッド非防水にも言えるのでデメリットにはならないかと思います。250g未満の軽いトレランシューズなら歩きながら乾くことがあっても、通常気温が5度以下であれば靴は乾きません。
防水ではないがアルトラのローンピーク3.0ネオシェルミッドはゼロドロップのミッドカットという履き心地が新鮮。疲れにくそうな感じがする。モントレイルのように足首をがっつり固定するような硬さはあまりない足首サポートになっている。



2016年FW新作ゲイターつきローカットシューズ

サロモン S-Lab XA Alpine 43200円 防水素材不明 350g

スカルパ Neutron G  24800円税込 Outdry採用 400g
信州トレマンで扱う http://item.rakuten.co.jp/trail/neutrong/




[PR]
by Mtgearandwear | 2016-07-26 02:36 | ギアレビュー分析 | Comments(0)