ブログトップ

ハイク,BCクロカンの研究 -森と雪を求めて-

自分でも読みたくなる山歩きと旅と道具分析のブログを書きます。1泊森Hiking,BCクロカンを行く。メインは尾瀬、奥秩父。instagram風景・道具 /Twitter短文分析: mtnirvash6666


by nirvash
プロフィールを見る
画像一覧

奥多摩赤久奈尾根ー仙元尾根ー浦山大日

古里6:25着ー赤久奈尾根経由ー曲ヶ谷北峰ー蕎麦粒山ー仙元峠ー仙元尾根経由ー浦山大日堂11:00着


Salomon/Slab Sense Ultra 3L 5L近く入る気がする。フィット感が動きの妨げにならないが、ナイロンベルトで固定しないと既定のバンドはすぐ緩む。
スタッフバックに詰めてライクラサコッシュで体に固定して自転車で運搬した。
c0341290_17214053.jpg
崩落地がまだ残っており、しかも落ち葉ですべりやすく登りでも滑った。走って下ったら滑落しそうだ。
暗いうちに古里から杉林に入り、やっと疎林。霜柱がザクザクして不安定な路面。
c0341290_17214116.jpg
曲ヶ谷北峰を越えてみるとガスっているので川苔山はスルーして蕎麦粒へ。
c0341290_17214173.jpg

防火帯
c0341290_17214209.jpg

あられが降り出し、風も吹きすさぶ。iPhone5sは低温で電源が入らなくなり、以降写真なし。桂谷ノ峰の手前から川苔をみる。
c0341290_17214388.jpg

もともと川苔山だけのコースと比べ、稜線の道も薄かった。仙元尾根は、最初はロープなどあったりしたが、落ち葉でかなり薄く鹿道に誘導されやすいように感じた。道がどこなのかわからないところは柔らかいとこを走らないといけないので不安定だ。そして急なザレが多く、落ち葉も手伝い滑りやすい。特に他人に勧めるみちでもないなと思う。もう古道というか廃道に近い破線ルートに感じる。でもやっぱり踏み跡が薄い道が好きだ。

電線監視道への入り口を見落としてかなりの距離を進んでしまったため、急斜面で動きが遅く、防火帯の走りも帳消しに。猟師の方に言われて、監視道に入ってからすぐに電線に出て、方向を迷ったが発見しずっと走り続け10:59に大日に着いた。しかし出発は11:30はだったので余裕だったのだ。

反省点
フィンガープロテクターをつけてないがおそらく原因で、いつもどおり右親指の内側がマメになってかなり痛い。。やはりつけないといけないのか。
下りはやはり頭に衝撃がきて、夜になると軽い頭痛になる。下り方が悪い。

浦山大日堂から橋を渡って、バス停へ。集落では煙が出ている家が多い。といいても3軒しかないようだが。秩父からは浦山ダムに行くだけでも面倒なのに、カーブの続く道をさらに最奥部まで来るのはたいへんだ。渓流荘はやっているのか確認できなかった。
c0341290_17214363.jpg
11:30浦山大日発、西武秩父まで着て、豚みそ丼を食べ、武甲温泉まで歩いていく。水風呂があったのでよかった。
c0341290_17214490.jpg
横瀬駅まで走って8分くらいかな。心が叫びたがっているんだもフィーチャーしてますな。
c0341290_17214407.jpg


[PR]
by Mtgearandwear | 2015-12-23 17:18 | 日帰り山行 | Comments(0)